PADI ドライスーツ・ダイバー


PADI ドライスーツスペシャルティ

ダイビング=ウェットスーツ、というイメージをお持ちの方が多い以下と思いますが日本国内でダイビングを楽しもうとお考えであればドライスーツは必需品です、私たちのホームゲレンデ、伊豆半島では1年間のうち7~8カ月間はドライスーツでダイビングを楽しんでいます。

伊豆の海には陸上と同じように四季があり、その中でも秋から冬にかけての海が透明度、魚影と共に楽しい季節です、ドライスーツを使いこなして海の季節の移り変わりを楽しんでください。

こんなアナタにおすすめです!


・ドライスーツを試してみたい。
近場の海でダイビングを継続していきたい。
・ウェットスーツでも少し肌寒く感じている。
・マスタースクーバダイバーを目指そうかと思う。
・アルティチュード(高所)、流氷やトドと潜ってみたい。
・持っているドライスーツをもっと使いこなしたい。

参加資格

・PADIオープン・ウォーター・ダイバー 以上 またはPADIジュニア・オープン・ウォーター・ダイバー以上で、10歳以上

コース内容


・学科講習

PADIアドヴァンスマニュアルを使用します。
ドライスーツダイバーの章を読んでいただき、セルフスタディを行ってください、店舗でインストラクターと確認を行います。

 

・海洋実習

2回のダイビングを行うので1日で終えることが可能です。
ドライスーツの着脱、トラブル予防など楽しみながら得ることができます。目的意識を持ってご参加頂くことで、より一層充実した講習が可能になります。

 

※ドライスーツインナーについて

ドライスーツは身体を濡らさないで水中を楽しむことができるスーツです、スポーツソックスなどドライスーツ内に着用するものに関してはスタッフにお問い合わせください。

サンプルスケジュール


  • 最低必要日数:1日間(分割可能・EFR同時受講の場合は宿泊をお勧めいたします)
  • オリエンテーション (セルフスタディを確認)
  • ドライスーツの着脱練習の後、水中でオリエンテーションを実施しダイビングを行います。
  • 2回のダイビングの中でスキル練習を行いドライスーツの扱いを身につけてください。
  • 終了後、ロギング、申請書の記入を行い修了です。

コース料金


ドライスーツダイバーSP ¥6,000

 

TEL:0558-32-3955

SPコース料金に含まれるもの

・SP 講習(レクチャー)代
※他にダイビング費用、教材費、申請料が必要になります。
ダイビング費用は「ガイド」の費用になります。こちらでご確認ください。

 

SPコース料金に含まれないもの

・ダイビング費用
・教材費
・PADI 申請料
・申請書類に必要な4×3cmカラー写真2枚分
・マイ器材をお持ちでない方のレンタル器材代